カテゴリー

ホームページ制作事務所Office ICHIGO ICHIEのキタムラと申します。

このブログでは、仕事のことや趣味のこと日々の思いのたけをざっくばらんかつ好き勝手な文章を無礼講にて書き綴っております。ホームページ制作の相談・ご依頼お待ちしております。

» プロフィール


サイト内検索

カテゴリー
バックナンバー
Frow me

Windows7でIllustrator CS2を使う

2010/11/14 | IT / WEB | RSS

Windows7にして、まず最初につまずいたのがIllustrator CS2の日本語入力問題。
最新のIllustratorにバージョンアップできれば問題はないのですが、
Adobeソフトは高いですし、使い慣れたバージョンっていうのもきっとあるはず。

私は前述のコストの問題からCS2を続投したかったので、なんとかこの
“日本語入力ができない”という不具合を回避したく・・・・・

なんとか、回避に成功しましたので、ここに私の回避方法を記しておきます。

まず、こちらの
「Windows7 アプリケーション動作報告リスト」
を参考に試行錯誤してみました。

こちらに記載されている通りにやったら出来るようになったのですが、
いろいろなやり方が乱立していて難しい・・・ということでまとめます。

私の場合はこの方法で回避できました。

参考までに環境は、windows7 64bit です。

  1. まず、このページからパッチをダウンロードしてあてます。(マイクロソフトサポートオンライン
  2. ジャストシステムのATOKをインストールします。(私はATOK2008)

たったこれだけで回避できました。
IME2010をインストールすると回避できるなど、いろんなやり方がありましたが
どれもダメで、かなり悩みましたが、本当にこれだけで回避できました。

注意点です!

  • イラレでAlt + Shift を使ってコピー & ペーストするときに
    ATOKのツールバー無効可ショートカットとかぶってしまい、一時的に
    日本語が入力できなくなります。
  • その時はAlt + Shift をもう一度押してATOKツールバーを再表示させれば
    再び日本語入力ができるようになります。

私の場合は、デュアルモニターの片方にATOKツールバーを常に表示させているので
日本語が入力できるか否かを常に確認できる状態になっています。

そんなこんなで、CS2の日本語入力でお悩みの方は是非ためしてみてください。
おそらくATOKのバージョンが古くても同じように出来るのではないかと思います。
(ちなみに、別のPCではATOK2005でも同じく回避できました)

ATOKは今まで使ったことが無くて抵抗もあったのですが、使ってみるとなかなか具合良いですよ♪
“IME命”って方はこの方法はご遠慮ください・・・・(笑

最近の投稿